ほくろにも良い物と悪い物があるから除去しよう|良い黒子の見分け方

傷跡を残さない治療を

女性

良性と悪性があります

多くの人は、生まれながらに黒子を持っています。この黒子と言われるほくろには、良い黒子と悪い黒子が存在しているのですが、多くの人は意外と気にしていないことが多いようです。良い黒子の見分け方に毛があります。毛が生えることで気持ち悪いと感じる人も多いのですが、この毛があることで良い黒子と判断して良いことになるのです。悪性と言われる黒子には、この毛をはやすことが出来ない構造になっていることから、体に悪い影響を与えない黒子と判断して良いことになります。また良い黒子の特徴として、長年を経過しても形が小さいままで、色の変化も起きないものになります。これに対し悪いとされる黒子は、色が薄く平べったいものです。平べったくあったものが、急に変化してしまい盛り上がりを起こしたり、塊になってしまったりなどの症状を起こします。この症状を悪性黒色腫と言い、ガンの症状を示すものと言って良いのでしょう。特に幅が7ミリを超えるほくろは、非常に危険な症状を示すもので、気が付いた時には、病院へ足を向けるようにしましょう。病院で治療を受け、早めの除去が良い方法となります。しかし病院選びは、かなり面倒なことになるかも知れません。除去をする時に保険対象の病院へ行くのか、保険対象外の病院を選ぶのかと言うことです。治療の費用も大きく違って来ることになりますし、サービスにも大きな違いが出て来ます。良く調べることが、必要になって来ることになります。ほくろ除去には、皮膚科や形成外科に行く場合があれば、美容外科等に行くこともあります。その違いは、保険が効くのか効かないのかと言うことで、切除費用に大きな差が出て来ることです。一つ除去するために、数千円で終わる病院があれば、数万円もかかる病院も出て来ます。この違いを考えると、ほくろに問題があるより、病院の質の差を感じることになるのでないでしょうか。サービスの差であり、アフターフォローの差でもあると考えると良いでしょう。綺麗で清潔な美容クリニックで、気持ちの良いスタッフに接し、最新の機器を持っての治療は高く付く場合にもなってしまう可能性があります。少しで費用のかからない所と考えた時には、保険対象の病院を選ぶことになるのでしょう。病院を選ぶ時の注意は、どれだけの実績を持っているのかと言うことも大事です。多くの患者さんが通うと言うことは、それだけ信頼を得ていることになり、ホームページなどでの確認が、必要です。更には、一度カウンセリングを受けてみるべきで、その時相性の合わない医師ですと、いくら技術が良いと言われても避けるようにするべきです。相性が合わないと長いお付き合いになった時、面倒なことが起こる可能性が出て来るからです。医師の説明が、納得出来ない、気にいらない時には、別の病院を探すべきです。

女性

クリニックを選ぶポイント

ほくろ除去治療を受けるクリニックを選ぶ際は、除去治療の症例数を確認しましょう。また縫合が必要な治療を受ける場合は、縫合技術の高い医師がいるクリニックがおすすめです。治療後は専用のテープを貼る、日焼け止めを塗るなど紫外線対策が必要です。

詳しく見る

カウンセリング

クリニックに行きやすい

ほくろの除去で気をつけるのはアフターケアになり、そんなに期間がかからないのでケアを重視することです。またほくろの除去が人気になのは、気軽に受けることができるようになったことや、美容整形に関するアプローチがしやすくなったことがあります。

詳しく見る

Copyright© 2018 ほくろにも良い物と悪い物があるから除去しよう|良い黒子の見分け方 All Rights Reserved.