ほくろにも良い物と悪い物があるから除去しよう|良い黒子の見分け方

クリニックを選ぶポイント

女性

確認したい事柄

ほくろ除去を美容クリニックで受けたいという場合、まずは信頼できる美容クリニックを見つけ出さなければいけません。特に顔にあるほくろを除去するのであれば、ほくろ除去の技術や知識が高い美容クリニックを見つけるべきです。良い美容クリニックを選ぶ際の確認ポイントとしては、まずほくろを除去する治療を今までどのくらい行ってきたか、症例数をチェックすることが挙げられます。多くの患者さんに治療を行ってきた医師がいる美容クリニックであれば、1人1人異なる状態に対して適切な治療をしてくれると考えられるためです。ほくろはただ単に取れば良いというのではなく、しっかり除去できないと再発してしまうケースも少なくありません。症例数の多い美容クリニックであれば、どのくらいの深さまでほくろの根があるなどを的確に判断して、治療を行ってくれます。また、電気メスを使う治療でほくろを取り除きたい場合は、縫合技術に優れている美容クリニックを選ぶと良いでしょう。ほくろの大きさによってはメスで切り取り、皮膚を縫合して除去する必要がありますが、縫合技術の低い医師だと傷跡が残ってしまうかもしれません。顔に傷跡が残ってしまったら、ほくろが無くなっても傷跡が新たなコンプレックスになってしまうでしょう。このような悲しい結果にならないためにも施術を行う医師の技術などを確認し、美容クリニックを比較して選ぶということが大切です。ほくろ除去治療にはレーザーで取り除く方法や、電気メスを使う方法などいくつかの種類がありますが、どの治療を受けたとしてもアフターケアは必要となります。ほくろ除去はほくろを取った後のアフターケアが重要と言われており、しっかりケアをしなければ跡が残ってしまう可能性があるためです。よりキレイな仕上がりにするためにもほくろの除去治療を受ける際は、治療後にどのようなアフターケアが必要かチェックしておきましょう。治療後のアフターケアとして必ず行うことになるのが、施術部位にテープを貼り患部を保護するというものです。多くのクリニックがほくろを除去した部分に、紫外線を通さない特殊な医療用テープを貼って保護を行います。紫外線を浴びてしまうとダメージを受けてしまい、施術部位が色素沈着やシミのような跡になってしまうケースがあるからです。テープは医師の指示通りに張替えることになり、傷跡の具合などにもよりますが、約2日から3日程度はテープで施術部位を保護しましょう。ほくろを除去した部位に新しい表皮ができたらテープではなく、日焼け止めで紫外線から肌を守るアフターケアを行います。表皮ができてもまだ施術部位は治療によるダメージを、十分に回復できていないため紫外線対策は必須です。また、ほくろは紫外線を浴びることでできるケースもあるので、新たなほくろを作らないためにも紫外線対策は行いましょう。

Copyright© 2018 ほくろにも良い物と悪い物があるから除去しよう|良い黒子の見分け方 All Rights Reserved.